トップページ > 院長紹介

たかはしクリニックは小児一般内科や皮膚科も診療する小児内分泌専門クリニックです。
ご挨拶

勤務医25年を経て、平成13年8月に開業しました。
勤務医は大学16年間、研究、入院治療、外来治療を行い、その後10年間川﨑病院、神鋼病院で働きました。
灘駅南側で糖尿病(1型糖尿病)、小児内分泌(成長ホルモン分泌不全、先天性甲状腺機能低下)、一般診療のクリニックを始めてからも多くの患者さんが訪れています。
患者のニーズに個々にお応えできる診療をめざして管理栄養士、臨床心理士を置いています。
また病児保育(病気のお子さんのお預かり保育)も保育士、ナースを置いて対応しています。
専門性の高い病気の診療において地域に貢献できるよう職員一同がんばります。

院長略歴

昭和51年 神戸大学医学部卒業
神戸大学小児科勤務
昭和52年 公立豊岡病院
昭和53年 神戸大学医学部小児科
昭和56年 神戸大学医学部大学院卒
神戸大学医学部文部教官
マイアミ大学医学部遺伝学教室研究員(昭和59~61年)
平成4年 川崎病院小児科部長
平成6年 神鋼病院小児科部長
平成13年 神戸市灘区にて開業

■ 主な資格

医学博士 小児科認定医 糖尿病専門医 日本医師会認定産業医

院長ブログはこちらから